特産品


特産品


菊川には伝統の技と美味の数々があります。

 牧之原大茶園




牧之原大茶園は海抜約200m、遠く霊峰富士山を望み、北には南アルプスの支脈粟ケ岳を控えた5000haの広さを誇る東洋一の大茶園です。

牧之原の開拓は、大政奉還により武士の身分を失った士族250名余りとその家族達によって明治2年に始められました。

武士から農民への転身の中、計り知れない苦痛の連続の末現在の大茶園の礎を築いたと言われています。

5月の八十八夜の季節には、緑の絨毯を敷きつめたような色鮮やかなお茶の新芽が広がります。

ここで摘み採られた新芽は、豊かな香りと、まろやかでコクのある風味、ノンカロリーでヘルシーな深蒸し茶となります。

お茶にはカテキンをはじめ体のためになるすばらしい成分がいっぱいです。

菊川茶を楽しみながら健康な生活をどうぞ。


 焼き雛




一つ一つが全て手づくりの坊ノ谷土人形。

明治初期に、農閑期の副業として三河から型と製法を学んで高木弥左衛門がつくったのが始まりといわれています。

素焼きの人形へ丹精に彩がつけられて完成する焼き雛は非常に温かみがあります。


 地酒


 肉


 トマト


 メロン


 しろした菓子


菊川市観光協会
お気軽にお問い合わせください
電話 0537-36-0201
8:30~17:15 平日のみ
FAX 0537-28-8823 (24時間受付)

お問い合わせフォーム