HOME

最新のお知らせ


2020年1月10日 : 梅まつり落語会
国指定文化財 菊川市の黒田家代官屋敷の奥座敷にて開催します。「梅まつり落語会」
    
めったに入室することのできないお座敷で落語をお楽しみください。。


  販売開始!  当日販売はございません。

 平川会館(菊川市下平川)0537-73-1010 又は菊川市観光協会(菊川市加茂)0537-36-0201にて、チケット(2,500円)をお求めください。
 40名限定の為、定員になり次第販売終了となります。

 この機会に庭園の梅の花と代官屋敷奥座敷での落語会をいちどにお楽しみください。



2020年1月1日 : 黒田家代官屋敷梅まつり
明けまして おめでとうございます。
令和2年  今年もよろしくお願いいたします。

菊川市内でも初日の出が見られるところがあります。火剣山、井成山、獅子ヶ鼻砦(小菊荘)など。


令和2年2月2日(日)より 庭園を無料開放致します。                           今年も寒さに耐えて春を待つ、黒田家代官屋敷の梅の花をお楽しみください。
 


菊川産業祭2019

菊川産業祭2019ポスター


フォトコンテスト

美しい景観・風物・催事など…
四季を通じて菊川市をPRできる写真ならなんでも結構です。

あなたが撮った

「とっておきの菊川市」

どうぞ、どしどしお寄せください。

菊川市へようこそ


南アルプスの支脈、粟ヶ岳山麓を水源とする一級河川「菊川」の中流域に広がる菊川市。
市内各所には縄文・弥生時代からの遺跡をはじめ、
東には、明治初頭の大規模開拓により形づくられた「日本一の大茶園」牧之原台地が広がり、「お茶のまち 菊川」としても広く知られています。
JR菊川駅、東名菊川ICの周辺及び市内南部を中心に市街地が広がり、先端技術をささえる様々な企業が多く進出して、菊川市は日々変わりつづけています。
そうしたなか、変わらぬ自然が静けさをたたえ、多くの史跡が変わらぬ時を刻んでいます。
人々の心をなごませる花々が、明るい笑顔と笑い声につつまれた公園が、市内のあちこちで響く祭り囃子が、心のゆとりと優しさをもたらしてくれます。
自然と人の優しさにあふれた菊川をぶらり散歩してみませんか。

 市の概況

 菊川市マスコットキャラクター

お役立ちガイド

 お食事どころ

 タクシー

 お土産どころ

 お茶の販売

 観光バス

菊川歳時記